カンパニー 宝塚 駄作

2月に宝塚大劇場で始まった星組公演『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』。 中止、再開、中止、再開を繰り返し、8ヶ月かけてようやく本日東京の千秋楽。 ライブビューイングを映画館で観てきました。 まず、映画館に向かう段階でやってしまった・・・。 東京宝塚劇場公演 『カンパニー /baddy』 いや〜、 afo同様、初日から 楽しい楽しい と聞いておりましたが… 本当に楽しかったです!!! もうね、 毎日観たい! それ位 楽しかったです!!! では早速、感想を書いていきたいと思います。 駄作から抜け出した宝塚. 宝塚 2017.10.20 宝塚 望海雪組『凱旋門』理事出演に思う 宝塚 2018.6.30 ジャンヌダルクとちゃぴさん『愛聖女(サントダムール)』に向けて 宝塚 2018.7.29 これって言葉の誤用かも?②「目には目を」「敷居が高い」「悪びれる」ほか 宝塚 2019.12.21 月組『カンパニー ... 年頭会見に思う、宝塚が直面する「駄作問題」。 本当は雪組公演の感想を書こうと思っていたのですが、 面白いネタが出てきたのでそちらから。 行ってきたぜ〜、月組大劇場公演。今回もいくつかの記事に分けて、「観劇の感想」「贔屓とのニアミスはあったのか! ?」「その他食べたものとか」などなど書こうかと思う。疲れが残ってて「簡単に書ける記事から〜」とか思ったけど、まずはメインデッシュから行かないとね。 話を戻して。 その方のブログでは「近年の最高傑作は「神々の土地」妥協しても「メサイア」「異人たちの夏」と書かれていて、半分共感、半分「?」でした。 宝塚歌劇は今、オリジナルよりも海外ミュージカルへ依存しています。 こんばんは。 宝塚男子ピエールです。 ということで、先週観てまいりました、 月組東京公演 「カンパニー~努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)~/baddy~悪党(ヤツ)は月からやって来る~」 。. 30代主婦の宮島ムーが宝塚歌劇について思ったことを自由気ままに書き綴る宝塚ブログです。主にタカラヅカスカイステージの番組感想や、宝塚歌劇公式ホームページの発表に対して思うところを書いてい … 月組公演の来年の公演ラインアップが出ましたね。 カンパニー 「カンパニー」 ? はぁ? って思ったら 原作は 今年の5月22日に刊行されたばかりの小説なんですね! 先月だよ! まだ1ヶ月と1週間しか経ってないの。 それで これだ!!と思った 石田昌也先生。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 帰りの電車でずっと『バッディ バッディ ♩』という掛け声が頭から離れませんでした笑, 思えばこのスチールみた時からきゃりーぱみゅぱみゅみたいな可愛さを感じていて、舞台上どこにいても可愛すぎて目で追ってしまった。, ここまで読んでくださった方は分かる通り、私の昨日の感想の殆どは『BADDY』で埋め尽くされています笑, 暗転が多いと観客の集中力も切れますし、何よりも流れるように紡がれるべき物語がぶつ切りになってしまうので舞台の進行を妨げることにもなりかねません。, 原作は小説だし、もしかしたら止むを得ず。。なのかもしれませんが、もっと暗転を少なくしてくれた方が見やすいし、集中して観劇できたのに。。残念です。, 原作を読んでいないのでわかりませんが、もし原作で上記のような言葉が使われていたとしても、それをそのまま宝塚の舞台で使っていいかというと違うと思う。, 石田先生に理由が聞きたいです。(石田先生は以前から上品とは言い難い作品を世に出して来てますが、、それでも今回の台詞は酷い( ; ; )), 宝塚にはいつでも『清く・正しく・美しく、そして夢夢しく』あって欲しいという想いがあっただけにこの台詞は残念でしたし、この台詞があることにより、『カンパニー』という舞台がいつもの宝塚の舞台よりも低俗に感じました。, 他にも宝塚だからこそ舞台化できる作品は沢山あるのに、なんでこの作品で舞台化しようと思ったんだろうと、、捻くれ者の私は考えてしまうわけなんですね←スイマセン, この個人的な疑問に答えを出すべく、早速ググっていたら宝塚歌劇団HPにて石田先生がこのようにお話しされていました↓, 宝塚歌劇の舞台はファンタジーやロマンのある作品が多く、現代の日本人の役を演じること自体が珍しいのですが、珠城りょう、愛希れいか、美弥るりかを中心とする今の月組だからこそ、『カンパニー』を舞台化したいという思いがあります。実際、原作を読みながら、月組を“カンパニー”として当てはめてみると、自然と映像が頭に浮かんできたので、とても魅力的な作品になるのではと期待しています。珠城が演じるのは、製薬会社総務部の青年サラリーマン、青柳誠二です。奥さんを亡くし気落ちしている彼が、出向先のバレエ団で色々な人に出会い、仲間意識の中で成長していくという物語です。派手なことはせず、縁の下の力持ちとして尊敬されるという役柄は、トップスターとしては難しいものになりますが、珠城なら英雄ではない普通のサラリーマンであっても、物語の主人公として存在することができると思いました。愛希は『グランドホテル』でもバレリーナを演じましたが、この作品で演じてもらうバレリーナはタイプが全く違います。美弥にも、これまでとは違う一面が見せられる役柄を演じてもらいます。出演者の新しい部分を引き出すのが我々座付き演出家の役目だと思っていますから、そういう面でも楽しみにしていただきたいです。, 演出家 石田昌也が語る | 月組公演 『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ, このインタビューを読む限りだと、今回の作品で先生は「出演者の新しい部分を引き出すのが我々座付き演出家の役目」を果たしたかったのだと理解しました。, この点で言えば、月組生は新しい一面を先生に引き出してもらえたのかもしれないですね。。う、、、ん。(・∀・), ごめんなさい。この部分は完全に納得できないのでまた別の機会に語り直していいですか?, 石田先生の作品は何度か拝見しているのですが、どの作品も大体終盤に弱い気がするんです。, (石田先生は以前から上品とは言い難い作品を世に出して来てますが、、それでも今回の台詞は酷い( ; ; )). 宝塚で上演する意味を考える ポーの一族を観た後だから尚更考えてしまうのかもしれませんが、 この作品は果たして宝塚で上演する意味があるのだろうか? と感じる作品が時々あるんです。 今回のカンパニー … カンパニーとの一連の関係が、 妻を亡くしたショックから抜け出す希望を与えてくれたという、 非常に宝塚らしい話になっています。 すごいと思ったのは、登場人物がほぼ原作そのままだったことです。 妻の悦子と娘の佳奈以外、主要人物は一緒です。 今日は月組「カンパニー」観劇。2回目です。初日が良かったので、今日も楽しみに行ってきました。今日は1階前方、どセンター。見やすーい^^初日はショーの印象が強すぎて、お芝居の印象残らず(汗)。今回はちょっと意識して観ました。で、月組カンパニー観劇感想ザ・凡作ですね。 宝塚 2018.05.07 2018.05.10 小野 ころん 「Baddy(バッディ)」③~人物別感想と天国行きと爆破について〜 月組公演 『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』『baddy(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』の情報をご紹介します。 宝塚歌劇 月組. ホーム › フォーラム › 星組 このフォーラムには103件のトピック、1,989件の返信があり、最後にLatosha Fuhrmannにより1週、 2日前に更新されました。 15件のトピ ようこそお越しくださいました。 「ブックづか」とは、本と宝塚歌劇をメインテーマとしたブログです。 本を読んで観劇をする。舞台を観てまた本を読む。時にはゆかりの土地を訪れる。 「本」と「宝塚歌劇」は私の宝物。 星組ファン暦30年。 「カンパニー」もうそうだけど、こちらも題名長いね〜。まぁいいけど。事前情報から「タバコとサングラス」というなんとも昭和なアイテムで「悪(ワル)」を演出しているという話、その「オーソドックスさ」は宝塚的でよろしいのでは〜? ョン)、そして仲間たち(カンパニー)-』, 『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』, 公認チケットリセールサービス. 宝塚歌劇もまた舞台芸術になるわけで、しかもそれを100年以上もやって来た劇団です。 自前の劇場を東西に持ち、集客の面も高い稼働率を誇る宝塚歌劇団は恵まれている事も多いでしょう。 宝塚のお芝居やショーをみて駄作とかつまらないと感じたことはありますか? 昨日nhkbs放送された信長をさっきまで母と見ていたんですが、「みきさんの信長のほうがずっと面白かった」と散々にけなさ … 宝塚大劇場、2018年2月9日15時(初日)、10日11時。東京宝塚劇場、4月12日18時半(新公)、19日18時半、5月2日15時半。有明製薬の青年サラリーマン青柳誠二(珠城りょう)は病気で妻を亡くして以来、未だその運命を受け入れられずに淡々と生きていた。 こんにちは。 しばらく忙しくて更新できずにいましたが、息抜きに月組観てきました! この公演は東京であと2回観る予定なので、また感想とか変わるかもしれませんが、とりあえず今の感想を記しておこうと思います。 各キャストについては次回書くとして、今回はまず作品全体の感想を。 毎年恒例の今年最後の記事になります!題して、私的「ベストジェンヌ 2018」です!なぜだかわからないのですが、この記事が毎年1番最後の記事になるという…3年連続なので、今後そうしよう(笑)年明けに、「私的最も美しいジェンヌ2018」の発表で 先日、午後休とって地球ゴージャスのゼロトピア観劇してきました。 もちろん柚希礼音…ちえさん目当てで行ってます。 そりゃそうよ、ヅカオタだもの。 宝塚以外のお芝居を見るのはこれで3回目なのですが、この類いのお芝居は私には合わない気がしています。 そんなこんなで先日、 月組東京公演「夢現無双」をようやく観劇してまいりました。 普段あんまりネガティブなことをあからさまに書かないようにしてきたつもりではあるのですが、 少々トゲトゲしい書き方になるかも知れませんのでお読みいただく方はご了承くださいませm(_ _)m それからあまりストーリーについて細かく触れるわけではないのですが、 ネタバレと言えばネタバレもありますのでこれからご観劇予定の方もご注意 …

爆笑問題 田中 家, 揚げパン 気持ち 悪い, 炎炎ノ消防隊 Ed 歌詞, マザーテレサ 本 あらすじ, 漢字 読み方 画数, Wowow 無料放送 どうやって, Audacity 使い方 音量を上げる, ワイヤレスイヤホン おすすめ Iphone, アイナナ アニカフェ 通販,

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *